つらい生理痛と闘うために!味方につけたいオススメ撃退法を紹介

差はあれど生理痛は女性の体のサイクルの中で生まれる独特なもの

職種や役職など、社会においての役割分担に男女間の差というものが少なくなった現在ですが、体に備わってる機能というものにはそれぞれ違いがあります。 男性が持っておらず、女性だけが持っていることといえば赤ちゃんを体に宿し生まれてくるまで大切に体内で育てていくという役割です。

その重要な役割のサイクルの中にある「月経」には多少の差はありますが少なからず痛みが伴うことが知られています。これが多くの女性を悩ませている「生理痛」です。生理痛の重さは女性それぞれで違いがあり、まったく痛みがないというひとから、ベッドから起き上がることが出来ずに生活に支障があるほどの痛み(※働けないほどヒドイ痛みで、その結果金欠になってしまった方は即日キャッシングでお金を借りましょう。一時しのぎにキャッシング会社はお薦めです。)が毎月あるひとまでいます。

生理痛の原因には、初めての生理(初潮)が来る年齢が低い傾向にあることによる子宮の未成熟状態の他にも生活習慣による体内物質の影響や体質などさまざまなものがあります。 自身の生理痛の痛みの状態や、その原因などを知ることで痛みを緩和したり、痛みを予防することが出来るようになります。生理が来る1週間は、女性ホルモンの影響で憂鬱になりやすかったり些細なことでイライラしてしまうことが多くなります。そういった状態を改善するには好きなことや楽しいことなどをして、のんびり過ごすと良いとされています。

痛みの原因を知る事は自身の体を知るという女性にとって大切な事

このブログでは生理痛の原因や痛みの緩和と予防方法だけでなく、布ナプキンについてや女性が敬遠しがちな婦人科を受診することに関すること、生理中の読み物としても楽しめる生理にまつわるエピソードなどをお届けします。

生理痛に良い生活や生理痛予防になる食事など、いろいろなことを知ることで生理痛についての見方が変わったり、今までは憂鬱でつらいだけの生理期間がちょっとした楽しい1週間になったりもするかもしれません。またパートナーや会社の上司などの男性にも女性の生理痛のつらさを理解してもらえるチャンスになると思います。

生き物の一生の中で女性だけが経験する生理痛。 その仕組みや原因を知ることは自身の体の状態などを知ることにもなります。 自身の体のことを知ることは素敵な女性を目指すための第一歩です。

あなたの生理痛やパートナーの生理痛は日常生活に支障がないほど軽いですか?それとも学校や会社に行くのもつらいほど重いですか?

どちらであっても婦人科受診や生活習慣を考えることは生理痛に関することだけでなく、女性にとってとても重要なことであると言えます。

自分なりのリラックス法で自分のカラダを大切にしていこう

生理のときはリラックスすることが大事である。生理痛にそれぞれ違いがあるようにリラックス方法もひとによって違いがある。自分に合ったリフレッシュ法やリラックス法を実践することは生理痛の緩和には重要なことなのである。

0

月の神秘やコントロールまで!女性の体と生理にまつわるアレコレ

生理についてのエピソードとして有名な月の神秘。月は生理と同じように28日周期で満ち欠けをしていたり、昔の女性にできていた「経血コントロール」の方法など、生理であるからこそ読んでみたい生理のエピソード。

0

和らげ効果もある!体に良いことを実践して生理痛を予防しよう!

体質的な理由や婦人科系の病気が原因ではない生理痛の場合は、生活習慣を改善すれば緩和することはもちろん、予防することも可能である。食生活に気をつけるようにしたり運動不足を解消することで冷えなどが解消されることになる。また、ストレスを溜めないことも大事。

0

分からないで済ましている男性必見?せめて理解してほしい生理痛

生理は女性だけが持つ機能で生理痛は女性だけが経験することになる特有の痛みである。男性は生理痛を経験することができないので理解することも難しいものである。しかし、生理休暇というのも世の中にはあるので、男性も理解をしめして欲しいものである。

0
1 / 512345